のまど生活

離婚した女性を励ましたい。

離婚。ダメンズの作り方。

感謝に気付くまで、苦しみは続く。

恵まれていると気付けないことがある。
恵まれているということにさえ、気付けない。

苦しみを沢山経験した人は、優しい。

状況を自分で何とかしなければいけない人は、力が付く。


人間を一人前にするには、苦労は必要。


でも、ついつい我が子には苦しみを経験してほしくないと思ってしまう。

その結果、ダメンズが製造される。

私もをダメンズが育ててしまわないよう、気を引き締めて子育てをしていきたいと思っています。



私が今まで出会った中で、一番のいい男の子の話をします。

その子の父親が東大卒で、大企業の役員をされていました。

お金持ちで、出張のたび、ブランドの鞄や財布や化粧品を沢山買ってくるようなご家庭で、私も頂いたことがあります。

でも、そこの父親が賢かったのは、

お付き合いしていた彼が20歳になったら、一切のお金を出さないので、自分で何とかしろ、という教育方針でした。

学生のうちは実家暮らしだし、
学費と、食費、最低限の生活費は出してもらっていましたが、
それ以外はアルバイトで税金も払っていましたし、お金持ちなのに、ジーンズは1着しか持っていなくて変な所に穴が空いていました。(笑)
大学院の学費は自分で貯めて通いました。

誕生日にはアルバイトで貯めたお金でプレゼントをくれる優しい彼でした。

彼の家庭が裕福で、たくさんお金を使えることを知っていたので、ついつい、甘やかし続ける親が多いと思いますが、彼の父親のその教育はバランスが良く、素晴らしいと思いました。

彼はお釈迦様のように優しく賢い人間に育ち、高級取りになりました。


一方、私が結婚した相手の親は。。

ずっとずっと、お金を出し続ける親でした。
社会人になっても、携帯代、光熱費、親が払っていたし、そのことにも気がついてない馬鹿でした。

結婚してからも、
車を買い与えられ、
土地と家を与えられ、
新築にする際に頭金1000万円与えられました。。

努力せず、与えられた結果、
転職を繰り返しお金を稼げなくなり、子供が産まれても子育てをしない男に育ちました。

当然です。

何もしなくても生きていけるんだから、何も気付けない。


私はシングルマザーだから、父親と母親の役割をどちらもしなければいけますん。

いい男に育つようにどうするべきか、考え中ですが、
自分で稼ぐ方法を早めに見つけさせようと思います。もちろん大学までは行かせようと思っています。本人が望めばですが。

自分で生きる力を持った男にします。

家庭内の家事や色々なことも、私がいなくても回るように、します。

いい男にして、将来のお嫁さんに
ありがとう、を言われたいと思います。

離婚。テイカーとギバー。

人から奪わない。
与えてられる人間でいたい。

と思っていても、
どんなに気をつけていても、
知らない間に奪ってしまっていたりします。


イカーは奪う人
ギバーは与える人

極端な表現だけど、
人は、皆、よっぽど出来た人間でない限り、
場面でどちらの役割もしています。


親子
先生と生徒

などは、与える側と受け取る側がはっきりしていて問題は起こりにくいですが、

恋人同士
友達

などは、テイクとギブのバランスは重要です。

もっと他人同士でもテイカーとギバーの関係性はあって、テイカーは常に奪おうとしてきます。

でも、テイカーの人は自分の行動が奪う行為だと全く気付いてないことが多いです。

イカーは自分は無力で人から与えてもらったり、自分から奪わなければ、何もできないと思っている、自信がない人のことで、

自分のことを信用していない人のことです。
努力もたぶん、していないと思います。

そういう風に自分のことを思ってる人は、間違いなくテイカーで、無意識で人から奪います。

すごく無意識です。

私も沢山テイカーをやってきたし、今も気付かずにやっているかもしれません。

でも、自分がギバーの立場の時に、
周りのテイカーの存在に気付くことがあります。

自分が知ってる立場、出来る立場、の場面。

知らない人からお願いをされたりしてびっくりしたりします。
多分、悪気はなく、そういうことをしてきます。


私は趣味で楽器をしていて、
その楽器にまつわるYouTubeをよく見るのですが、
圧倒的に上手い方が居て、

その方に対して、コメント欄で「教えて欲しいので講座開いてください」や、「楽譜を教えてください」など、書かれているのをたくさん目にします。

その方、そういったコメントには返信をしていませんが、「頑張ってください」や、「あなたのように弾けるようになれるよう、頑張ります。」などのコメントには、返信されています。

この違いがわかりますか?

上はテイカーで、下はギバーです、

この上手に演奏される方は素人の方だから、余計こういった書き込みをされてしまうのかな、と思います。

プロの方には、言えないことも気軽に言えちゃうのかな、と思いました。

私もテイカーの方の気持ちもわかります。
上のコメントと同じことを思いました。

でも、この上手な演奏者の方はたくさん努力してこられたのだと思います。
ある程度以上になるためには、基礎から上は自分次第だからです。

そこの部分をわかってないと、テイカーになり得る。誰でも、です。

上を目指すことは本当に大切で、
人に与えられる存在に自分自身がなること、ギバーであることは大切なことです。

ギバーになれば、テイカーの存在が見えるようになるからです。

離婚。成長。

人は成長する時に痛みを伴う。

私は、「あ」のボタンを押したら、皆、「あ」って言うもんだ、と思って生きてきた。

男性は皆優しくて、素直だと思っていました。


結婚してからまず、犬を飼って、
しつけの難しさを少し知ることになりました。

ダメ❗と大声で叱ることがしつけだと思っていた。時におしりを叩くこともあった。

その姿を見て、私の母親は、
「もし自分の子供が出来ても、そんなしつけ方をするの?」って、言いました。

私はキョトンとした。
(だって私はあなたに、こんな風にひどく怒られて育てられてきたよ。)

そう思いました。

そのとき、こんな育てかたは間違っていたんだなと思いました。


元旦那さんとは、結婚当初から上手く行かず、
私はまた、同じように、怒りながら言うことを聞かせようと必死でした。

元旦那さんは私に大きな挫折をくれました。

私がどんなにコントロールしようとしても、一切言うことを聞いてくれなかったのです。
絶望。
でも私はそのやり方しかしらないので、ずっとやりつづけました。

苦しい日々が続き、私は少しずつ自分の価値観を変えざるをえなくなりました。

こんなにも私の思うとおりにならないことが初めてでした。

少し度が過ぎた部分はあったけど、
私は元旦那さんがそういう人だったおかげで、
子育てでは、子供をコントロールをせずに済みました。

私の子育てのモットーは【全肯定】
全てを受け入れる、という価値観になりました。

子育てを失敗しないために、
神様が元旦那さんと出会わせてくれた、
と思います。

人生は一見、悪く見える出来事が、とても重要なポイントだったりして、後からわかることがあります。

私の人生に現れて、
悪者になってくれて、私に気付きをあたえてくれた元旦那さんには感謝です。

人は必要な時に必要な人に必ず、出会います。
この人生は、これでパーフェクト。

皆に言えることだと思います。

後悔は必要ありません。

離婚。差別を受ける。

差をとる=悟り

ということを聞いたことがある。


大人になると【偏見】で身を纏うようになり、人との違いが差別を生む。

いかに周りから差をなくし生きるか。
理想の形を生きる人は素晴らしいとされる。


そこからはみ出てしまうと、偏見を持たれ、差別を受ける。


離婚もその偏見のひとつ。


でも偏見を持ち、差別をしてるのは
自分自身です。

周りの人じゃない。

離婚したら、気の毒、
子供がかわいそう。

自分がそう思ってるから、
周りもそう思ってると信じてるだけ。

自分が偏見(自分からの)を持たれる立場になった時に、差はないことに気づかされる。

差をとる=悟り
この意味が肚で理解できます。

離婚してみたら、
両親がそろって居なくても楽しいことに気づいた。


きっと全てに当てはまること。

不幸とされること
かわいそうと思われること

経験してみたら、そうではないことに気付く。

形の中でどう生きてるかを見た方がいい。

理想的な形を取る家族の中で暴力があったり、不倫があったり、うつ病で苦しむ人もいる。

目に見える形しか見てなかったことに気付き、

もっと本質に見れるようになる。

偏見を持たれる立場になり、
偏見を持ってるのは自分自身と気付き、
形の中でどう生きるかが大切と気付く。

目に見える表面的なものに
実は差はない。
差は、その奥の心の中にある。

気付くばかり
そして差がなくなっていく。

悟り(差取り)のお話。

離婚。心のために私がしたこと。

心のために私がしたこと。【考え方編】

1️⃣ひとりで育てようと思わない

離婚の時、父も言ってくれたんだけど、皆で育てよう、と思ってる。
幸い、今は高齢化社会で子供の数より大人の数が多い。未婚も多い。ラッキーである。
家族を頼るし、私には旦那さんは居ないが、元旦那さんならいる。子供の父親だ。大いに頼る。
金銭面でも何でも。もし私が死んでも、子供たちはなんとでもなる。
そういうつもりで育てて居たら、私の気持ちが死なない。
怖くない。

2️⃣普通に働いて、普通に育てれると信じること。

シンプルに、普通に育てられると思っています。なぜなら、普通にフルタイムで働き、手当てをいただき、少ないけれど養育費があれば、3人で暮らせます。旦那さんが居ないと、その分浮くのでお得です。大人が一人前に働いて、暮らしていけるのはすごく当たり前のこと。男性のようには稼げないけど大丈夫。

3️⃣深呼吸をする

ヨガや運動は大切。私は心配や不安があったら、呼吸が浅くなります。
だから、深呼吸をして、深い呼吸をする。
今に集中したら、不安はないことに気づく。

4️⃣心理学や、考え方の勉強をする

心理学は自分を知るツールになる。なぜ苦しいかを知ることができたら、今度は考え方を変える。
スピリチュアルを敬遠する人もいるが、上手く使えばいいツールだと思う。本当のスピリチュアルとは、心に哲学をもつことだと思っている。
さいとうひとりさん、オススメです。

離婚。心を整える方法。

心はなかなか整わない。(笑)

でも、自分の思っている通りに、人生はなる、とは思っている。

願っているとおりじゃない。
思っているとおりに。

うまいかないと思ってたら失敗するし、
嫌われると思ってたら嫌われる。






離婚当時は、生理も止まり、眠れず、ガリガリに痩せていましたが、

スタートを切ったばかりの頃はぐんと落ち込んだり、鬱状態にはならなくて済んでいました。

きっと色々な支えがあったから。
そして希望もあった。


いちばんヤバい時って、
部屋が散らかったり、外に出掛けなくなったり、容姿を気にしなくなったりする。
イライラしてすぐ怒ったりする。

あぁ、私やばいな、って思います。

そんな瞬間もあったけど、割りと気丈だったかもしれない。

そんな人を見たら、是非、支えてあげたい。


私は自己主張もそんなにしないし、リーダーシップもないし、決して強いタイプの人間とは思えないけど、

もしかしたら、弱い人間でもないのかもしれない、と思うことがあります。



弱い人間について考えたことがあります。

私の思う弱い人間とは、
ボーダーをこえてしまう人です。

越えてはいけないボーダーをこえてしまう人が弱い人間です。

浮気する 浮気しない
借金する 借金しない
怒鳴る  怒鳴らない
暴力をふるう 暴力をふるわない
盗む 盗まない
お酒に逃げる お酒に逃げない
ドラッグに手を出す ドラッグに手を出さない


この間にあるボーダーを越える、越えないでは、大きな大きな、大きな、違いがあります。

全然、違う人間です。

もっと細かくいえば日常でも、


嘘をつく 嘘つかない
悪口を言う 悪口を言わない
意地悪をする 親切にする

ボーダーを越えないことは私にとっては、そんなに難しいことではないので、
私は弱い人間ではないと思う。

人間っていい時と悪い時があるから、
弱い時もあるもの。

悪いときに誰かが寄り添ってあげたり、
信じてあげたり、それだけで強くなれることがあると思います。

信じてくれる人がいたら、裏切れないし、真っ当に生きてる自分のことは自分が一番良く知ってるから、自分自身を好きになれる。
そしたら自分のことも裏切りたくなくなる。


自分との約束を守り
自分を好きでいる。

それに尽きる。

離婚。心に染みる映画。君に読む物語。

映画【君に読む物語】

主人公の男性が一人の女性を愛し抜く映画です。
こんな風に愛し愛されて生きたかった。。
と憧れが尽きません。



離婚していると、愛にトラウマができます。
人それぞれですが私の場合はトラウマができました。

そのトラウマは離婚で出来たというよりは、
離婚する前からあったような気がします
(?)どいいうことでしょうか?

自分で良いながら言葉を探しています。

トラウマがあったから、そのトラウマ通りに人生がなっちゃった、という言い方が合ってる気がします。

やはり、未婚の時代にいかに愛に恵まれるかはその後の人生を決めてしまう。

親との関係が上手くいけば、
その後の恋愛も上手く行き、
人間関係が上手く行き、
結婚が上手く行く。

でももしそこで傷ついていたなら、
修復できる方法がひとつあります。

外側に愛情を求めていくことをせず、
自分の趣味や興味や勉強に没頭する。
自分が自分を埋めて満たしていく未婚時代を過ごせたら、自ずといい人に出会える。
自分の中で気付きを得られると、心を癒していける。

未婚時代とは、若いうちもそうだけど、離婚した人にもあてはまる。

親子関係で傷ついた心や、失ったものは、自分自身と仲良くなることで解消できる。

そうやった人間同士なら、
【君に読む物語】のような恋愛が出来るんじゃないでしょうか。一人の人を愛し抜き、愛され抜く。

めったにないから映画になるのでしょうか。

そんな風に生きてみたい。